通信制高校の選択科目は受験でも大切

5月 19th, 2014

通信制高校では科目を自分で選ぶことのできる選択科目があり、高学年になるほど好きな学習をすすめられる教科が多く出てきます。全日制高校の場合は、カリキュラムに強制的に含まれていることが多いですが、生徒が自分で勉強したい科目を学習できる単位制を用いた場合、必修科目以外の教科は先生と相談して自分で決め、履修表を提出するのです。


通信制高校で進学を目指すときの注意

通信制高校で必修科目ではなくても、理系の大学や医療系に進む場合には科学や生物などの科目の履修が、入学試験の条件となっている専門学校や大学も多くあります。そのため、いくら学習の義務がない科目といえ、進学を考えている学校の受験資格を漏らしてしまうと、試験を受けることができなくなってしまいます。もちろん、卒業後に取り直すことは可能ですが、試験のタイミングを考えると一年間のタイムラグが生まれてしまうのです。


進学を希望するなら先生にも相談を

進学などで、この学校は多くの場合、この単位が必要ということをきちんと知っているのは、やはり学校の先生です。担任の先生や、進路相談を担当している先生などに、将来はこんな勉強がしたい、こんな仕事をしたい、と話してみるといいでしょう。このような科目は履修したほうがいいなどアドバイスをもらえるはずです。

カテゴリー: 通信制高校 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。