通信制高校のサポート校がない高校でも大丈夫?

5月 19th, 2014

通信制高校にはサポート校という学習面や生活面の指導を行うフリースクールがある場合も多いそうです。しかし、狭い範囲の生徒しか受け入れていない場合、サポート校などをおかず、本校でスクーリングもすべてを行う高校もあるそうです。


通信制高校は2種類ある

まず、通信制高校では広域性という全国区に生徒を受け入れるキャンパスを置いているところと、通学が可能な生徒だけを受け入れている高校に分類されます。全国区で生徒を募集している場合、各拠点で日常的な指導が必要になるため、サポート校を利用するのです。ただし、一部では専門的な学習のためや、進学のために特化したサポート校があるケースもあります。地域密着型の通信制高校では、サポート校を必要とせず、高校の先生が生徒の管理や指導をすべて行うのです。


カウンセラーなどが常駐しているのはサポート校が多い

通信制高校で、スクールカウンセラーなどを置いて、不登校児童などのフォローを手厚く行っているようなところは、多くが専門の資格等を所有するサポート校が多いようです。ただし、サポート校のない通信制高校でも、質問教室や自習室の開放は日常的に行っていますし、進路相談なども直ぐに先生に相談することが可能です。

カテゴリー: 通信制高校 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。