通信制高校に行く、高認試験を受ける、さあどっち?

5月 19th, 2014

通信制高校では、高校を中途退学した生徒の受け入れなども積極的に行っているのですが、中には高認試験を受験して高校卒業資格を取ろうと考える人もいるかと思います。高認試験で資格を取っても、高校に再入学して卒業しても、得ることのできる資格は同等のものですから、どっちを選ぶかで悩む人もいるかもしれませんね。


学習サポート面では通信制高校が有利

通信制高校では、スクーリングのない日でも自習室や先生に自由に質問ができる質問教室などを行っています。この場合、自分が分からない部分を個別指導で習うことができますから、学習面で不安の多い生徒などは、この仕組みをうまく活用することで学習の遅れを取り戻すことも可能となるのですが、学費面ではやはり、ケアしてもらえる部分が大きいことから負担も大きくなるようです。


参考書だけで学習もできる高認試験

高認試験は、試験の合格点を取ることで高校卒業と同じ資格を得ることができますから、試験までに必要なものを図書館でそろえるという方法も、場合によっては可能となります。そのため、費用面で余裕のない人にとって非常に強い味方になるという意見があるそうです。高認試験も、過去に修得した単位の試験は免除されます。ただし、すべて自分で学習を進めるというリスクや、分からない部分をどうフォローするかというのは大きな課題となるかと思います。

カテゴリー: 通信制高校 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。