学費で比較する通信制高校

5月 30th, 2014

公立の通信制高校はおおよそ年間1万円から3万円程度で受けることができます。
しかし私立は通信制高校の問題点などを改善すべくカリキュラムを作っていますので、学費も高い傾向にあります。
またその指導方法などの違いにより、学費も様々です。
中には卒業率100%を誇る学校も私立には存在していますので、高い安いというのは、捉え方も様々になるでしょう。


<タイプ別に見る通信制高校の学費の高低>

私立の通信制高校には、通信制によるシンプルなものから、サポート校の行っている役割も同時に提供しているものまで様々です。
シンプルなものであれば、年間20万円前後の学校もあります。
大学進学を目標として、学習に対するフォロー重視というと、30万円前後のものが多く見られます。
自主性を重んじつつ、スクーリングなどにも力をいれているのであれば、年間30万円、40万円の学費となります。
登校を促進するような指導に力をいれている学校であれば、年間50万円から60万円。
個別指導を重視していると、100万円前後というものもあります。
こういった特徴のある通信制高校であると、サポート校の役割も担うものとなっています。
通信制に求められるものが「卒業の資格だけではなく、それ以外の学生としての学びも得るべき」と考えるのであるならば、自分に必要な部分のフォローが手厚い学校を選ぶというのも手段として有効です。

カテゴリー: 通信制高校 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。